転職市場での第二新卒の企業評価

転職

第二新卒は、企業側からどのように見られているか

第二新卒は、採用企業側からどのように評価されているでしょうか。第二新卒であることを有利にも不利にもすることになるため、採用する会社側から、どのように見られているか推し測ることは重要です。

一旦、採用が決まった新卒時の企業から新しい別な会社に移ろうとしている事実は、第二新卒を、どう判断するかに影響を与えます。

第二新卒であるというだけで仕事が長続きしなかった人物と見なされることが多々あります。勤続年数の長い、古参の会社員は特にそういう印象を持つようです。

3年未満で転職をすることはマイナス要素だけではない

確かに3年も同じ会社で働く事が出来なかった事は事実です。とはいえ、3年未満転職をすることがマイナスに作用するばかりではないようです。3年未満で仕事を変えるだけの説得力のある動機があれば、第二新卒でも問題は全くないし、逆に有利にできるでしょう。

第二新卒はそれぞれの理由で前の職場を離れ、新たな会社を求めて転職活動に取り組んでいくわけですが、具体的な転職活動に取り組む前に、仕事で何をしたいのかをはっきりさせましょう。そして、新しい仕事を得たら真摯に取り組むという姿勢を企業側に、しっかりとアピールしてください。

3年未満で仕事を辞めた前歴のある人を雇っても、長く勤める意欲があるのかどうかが、第二新卒を採用した会社が、特に気にするポイントです。その点を考え、企業側の心配な点を払拭すべく自己アピールを行いましょう。転職後は、ずっと働き続けたいという意志を明確に伝ええることです。





第二新卒や、既卒で未就職の方必見
 

タイトルとURLをコピーしました