スカウトや紹介による転職について

転職

うちの会社で働かないか

なぜ、転職をしたかは個々人の事情により異なりますが、スカウトも理由の一つとなっています。同じような仕事をしている会社から、うちの会社で働かないかと言われて転職をするのがスカウトです。

スカウトされやすい仕事は、外部の人との接点が多い社外での仕事をしている人や、マネジメント職につく人たちですね。

会社の用事で、他社の人とやり取りをしている時に能力見込まれて、うちの会社でそのスキルを活かしてほしいと言われることもあります。

スカウトされても妥協せず十分に検討を

スカウトしてくる側は、現在、仕事をしている企業でどういう待遇を受けているかを把握した上で、より良い条件を持ちかけてきます。スカウト先の会社の方が待遇が良くて、業績も良く安定して収入を得られるのであれば、好条件の転職だと言えます。

かつて会社の同僚だった人や古くからの友人が会社をつくって人手を必要としているからと転職話を持ちかけられたりします。お世話になった人や恩のある人に頼まれると嫌とは言いにくいこともありますが、ここは妥協せず十分に検討をする必要があります。

場合によっては、能力を買われたというよりは、仕事をしてくれれば誰でもいいという発想で誘われているだけ、という事態もあるかもしれません。

必ずしも好条件での転職話にはなっていないこともありますので、自分にとってプラスになるかは考慮する必要があります。

スカウトや紹介による転職だったとしても最終的な責任は自分

スカウトが、きっかけで転職をする場合でも、転職後に後悔することがないように事前に下調べはしっかりとしておきましょう。

スカウト紹介による転職については、最終的には自分で責任を持って判断しなければならないので、本当によく検討する必要があります。





面接確約!転職するなら、ミイダス!

タイトルとURLをコピーしました