面接時に質問される転職理由について

転職

転職理由は必ず聞かれるが真実をありのまま話す事がよいとは限らない

転職動機については、中途採用に応募する場合は、ほとんどの企業が聞いてきますので、そのつもりで準備をしておく必要があります。

もしも、転職の理由が人には言いづらいものだった場合、真実を話すことが果たしていい方向に転ぶものでしょうか。本当の転職するに至った経緯を、面接時に本音で話すべきものなのでしょうか。ここら辺は、かなり微妙と言わざるを得ないところですね。

給料仕事内容のほかにも、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいる人も多いことでしょう。介護をしなければいけない家族がいるために、仕事を変えたいという人もいるでしょう。

仕事をしなければお金が稼げませんから、採用してもらうために、出来得ることを最大限にするべきですが、ここで問題となるのが、転職する理由を正直に言うべきかどうか、ということです。

転職を決めた理由が、ポジティブなものでは無い場合は、それをありのままに話して、面接官心証が同情的なものになってくれるとは限りません。(口では同情的なことを言ってくれるかも知れませんが心証は、ほぼほぼ良いものでは無いでしょう。)

だからと言って、「子供のころから就きたい職業・仕事でした」と思ってもみないことを言って、面接官の好感度を稼ぐことが出来るとも思えませんし、これが正しい行動とも言えないと思います。

嘘の受け答えをしてしまうと、質問でより深い内容を求められたときには、筋の通った内容のある話が出来なくなることにもなりかねないので心配です。

面接確約!転職するなら、ミイダス!

ネガティブな理由をポジティブな内容に変えてみて話す

そこで、採用担当者良い印象を持たせるためには、ネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていく方法があります。

例えば、前の職場では「人付き合いの問題があった」という場合は、周囲との関係を見直すことで、自分のしたいことをやりたいから、という言い方などもできます。

面接時に上手に受け答えをするには、嘘では無いけれども、真実とは少し見方が違う切り口にしておくと、うまく本音を隠す事ができますので、このような方法で話をしてみるものよいと思います。




タイトルとURLをコピーしました