わたしの幸せな結婚 少女マンガで惹き込まれる作品は久しぶり!

エンタメ

わたしの幸せな結婚 和風ファンタジー X 嫁入り

少女マンガのカテゴリーに入っている「わたしの幸せな結婚」というマンガを読みました。

原作:顎木あくみ
作画:高坂りと
キャラクター原案:月岡月穂

舞台は、大日本帝国時代の帝都・東京。異能の家系に生まれながらも、能力がない、斎森美世(さいもり みよ)と、異能の家系ではトップに入る久堂家、当主、久堂清霞(くどう きよか)との、結婚から始まる恋愛物語

わたしの幸せな結婚は、イッキ見するほどにおもしろい!

わたしの幸せな結婚」、もともとは、富士見L文庫小説ですが私みたいにマンガから入ってファンになる人も多いと思います。多分、小説では読まないカテゴリーだと自分では思うのでマンガになっていなければ出会うこともなかった作品ですね。

結論から言うとおもしろい!現在、18巻まで出ているのですが、イッキに見て(読んで)しまいました。当たり前ですが、イッキ見すると疲れますのでたので休憩というか休息などコマめに入れつつがオススメです。というか、必要です(笑)

まさか、少女マンガでここまで惹き込まれる作品にお目にかかれるとは、嬉しい誤算でした。

わたしの幸せな結婚 1

わたしの幸せな結婚 「6巻」、個人的には「神巻」です!!

ここまで「わたしの幸せな結婚」を読んで私個人的な一番好きなシーンは「6巻」に出てきた久堂家御用達の大きな呉服屋の女主人(女将?)とが、久堂清霞(くどう きよか)とのやりとり全部です。素晴らしい「神巻」です!!

ねたばれになるので詳細はマンガに譲りますが、ちょっとだけお金に余裕があり(お金にそれほど余裕がなくても大丈夫です)、年下の女性と付き合いたい人や、付き合い始めの人には特に見て読んで理解し実践してほしいですね。

わたしの幸せな結婚 6
わたしの幸せな結婚 6

本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました